マーケット市況 / トレードコラム

■一定の「レンジ」を上抜ける可能性(ドル/円)

 

■皆様、こんにちは。

 

■昨日、この投稿で「ドル/円」があるポイントの
「上」、「下」を抜けるまでは「膠着」と記載しましたが、
NYクローズでも118円ミドル近辺で引けた為、
「上方」レンジを突破する可能性が出てきました。

 

■その重要なレートポイントです

↓↓
★「上方」・・・・・ 118.80銭レベル

★「下方」・・・・・ 115.80銭レベル

 

■米GDPまたはFOMCまでは大きく動く可能性は少ないと
多くの市場関係者はみている様ですが、その発表前にでも
上記のポイントをブレイクした際は、どちらかに大きく
動くと個人的には考えています。

 

■では、どちらの方向に動くかというと・・・

中期的では未だ「戻り売り」優勢の状況は続いていますが、
目先は「上方」の118.80銭レベルを超える可能性がでてきています。

現在の「ドル/円(日足)」は、三角持合いを形成しつつ
ある状況で、どちらかにエネルギーをためている様にもみえます。

チャートは、平均足改良版が「陽線継続」となっていて、
「上方レンジ」を超える可能性があります。

 

usheikin

 

中期的には「戻り売り」優勢ですが、今後この「上方レンジ」を
超えた場合は、「戻り売り」から「押し目買い」にスタンスを
変える必要があります。

 

■「T-ブレイク」の成績は好調を維持しています!
------------------------
★勝数:28回 ★負数:6回

★勝率 → 82.4%

★ 損益合計:992.9P

★PFはなんと「3.65 」
------------------------

 

■■上記、「T-ブレイク」の考え方については、今後のトレード

においてかなり強力で有利になります。

次回の「7時間セミナー」では、その「考え方の一部」を触れる予定です。

この機会に参加してください。

---------------------------------------------

■セミナー詳細ページです

↓↓↓

「7時間集中! FXトレーダー養成セミナー」

http://trade-time.com/seminar

--------------------------------------------

 

 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村

無料トレードツール

無料トレードツール

学びたい オススメの記事!

1

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足は、必ず前の足の実体部「真ん中(平均)」が始値になるからです。 上昇トレンドの時は、この始値が終値の下に位置し、トレンド ...

-マーケット市況 / トレードコラム

© 2023 トレードプレス 勝てるFXブログ Powered by AFFINGER5