トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

T-ブレイク 売買成績

      2016/05/19

 
ブレイクアウト手法とは何か?

相場は、日々高値更新をして上昇し続けることはありません。
つまり、一直線に上昇するのではなく、高値をつけたあとは、
利食いの売りなどによって、調整局面を向かえ、その後また
上昇します。

このとき、小さな山(高値)や谷(安値)を形成しながら
上昇します。

 

■ブレイクアウト手法は、直近の高値を見据えて、その後
再びその高値を越えるタイミングで買いエントリーを行います。
(売りは反対)。

利点は、押し目で買いエントリーを行った際は、そのまま
ズルズルと下落し、損失となることもありますが、
ブレイクアウト手法は、あるポイントまでポジションを
取らないため、無駄なエントリーを減らすことができます。

 

■T-ブレイクは、将来にも使える売買手法を目指している
ことから、シンプルな売買手法となっています。

売買手法を作る際、多くのテクニカルを使い複雑にする個人投資家
が多いのですが、将来にも使え、利益も継続して出すことを目的に
する場合、過去の検証に基づいたテクニカルを数個採用する
だけで十分に機能します。

 

■一般的に、ブレイクアウト手法は勝率が低いと言われますが、
この売買手法(T-ブレイク)は、あるテクニカル分析を併用する
ことで勝つ確率が高くなっています。

 

 

成績詳細 (2016年5月16日現在)

・売買回数合計:231回

・勝ち数:170回
・負け数:61回
・勝率:73.6%

・勝ちPips合計:8860.11P
・負けPips合計:5583.06P
・利益合計Pips:3277.05P


・PF(プロフィトファクター):1.59

↓↓
プロフィットファクターとは、システムに成績を測る指標の1つで、
利益合計が損失合計の何倍かをあらわします。計算式は単純に、
総利益÷総損失となります。

原則このプロフィットファクター(PF)が1.0を上回っていないと、
マイナスのシステム(成績)ということになります。

ちなみに、ブレイクアウト手法のTブレイクは、「1.59」とですので、
リアルトレード開始以来利益合計は損失額合計の1.59倍という
ことになります。

 

■T-ブレイク:損益曲線 

※損益曲線は、右肩上がりとなってます。

 

Tブレイク成績


※無料公開の売買手法でも、これだけの成績がでています。
上記より良い手法に関しては、有料セミナー等をご利用ください。

⇒ 最新!有料セミナー情報

 

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - T-ブレイク 売買成績