トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

【ネクスト キャンドル 該当通貨ぺア】

   

 

*****************************************

    【ネクスト キャンドル】

*****************************************

皆様、こんばんは。

先日、このサイトにおいてどのようなことを記載して
いけば、少しでもお役に立てるかという考えがあり、
幾つかの「案」をお願いしました。

その時、多く頂いた要望は「T-ブレイク」のLCポイントでした。

次に多かったのは、別の手法の解説とその過程を日々更新して
欲しいという趣旨のご意見も頂きました。

 

■「T-ブレイク」のLCポイントについては、ある程度の
目安は公開をした方が良いと思っていますが、答えだけを
載せるのは、スキルが上達しないというご意見もあり、
私もどこに合わせていけば良いのか? という課題は
見つかった様な気がしています。

ご協力をして頂きました方々、本当に有難うございました。
(返信メールに書きましたが、その特典についての有無について、
 またご連絡を頂ければ幸いです)

 

■本日は、「ネクスト キャンドル(仮名)」について触れてみます。

この手法の考え方は、主に「日足」、「8時間足」など、スキャルと
比べ比較的長い時間軸が有効です。

理由は、次の「足」が確定するまで長い方が、その中で
「押し目」や「戻り」を何度も試すからです。

その「押し目」や「戻り」を上手く利用することで、ポジションを
増やしていく手法です。

 

■しかし、この手法は完全な「答え」はありません・・。

それは細かく言うとエントリーポイントは、人それぞれになって
しまうからです。

但し、それでも「押し目」や「戻り」を抑えることが出来れば
通常のトレード以上の利益を生み出し、損失も抑えることも
可能です。

 

■何故かと言うと、日足ならばNYクローズの時点(終値)が、
「陽線」なのか「陰線」なのかを想定し、その方向へポジションを
積み上げるからです。

 

下図は、本日の「ユーロ/オージー(上)」、「ドル/カナダ(下)」です。

赤のライン以降が本日の動きです(30分足)。

nc0330

元々、この2つの通貨ペアは「陽線」で引ける可能性が高いと
過程で、何度も「押し目」を拾っていました。

「引け(クローズ)」に標準を合わせていれば、少しでも
安いレートで買いを集めることが有利ですよね?

これが、この手法の考えです。

 

■そろそろ、今日は「利食い」を入れようと思っていますが、現時点で、

※「ユーロ/オージー」の含み益は、2ポジションで、

・+ 57.3Pの含み益、
・+ 104.1Pの含み益

※「ドル/カナダ(下)」(2ポジション)

・+ 40.7Pの含み益、
・+ 51.2Pの含み益

となっています。

 

■その他、メリットもあります。

それは「押し目」や「戻り」場面をエントリーし、
目標額に到達した暁には、全ポジションを決済し、翌日以降に
備えることも可能です。

全てのトレードで勝つことは出来ませんが、「押し目」や「戻り」で
損失額を抑え、引けの時点で思惑どおりになった時の利益額は
それなりのもになります。

勿論、「平均足改良版」でトレンドを把握し、「押し目」や「戻り」
を探る方が効率は良いのですが・・。

今後少しずつ、解説をする様にします。

 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - FXネクスト キャンドル