トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

■「平均足改良版」は陽線継続ですが・・・

      2015/03/18

 

いつも当サイトに訪問頂き、有難うございます。

みなさま、こんにちは。
 

■ご存じの通り、週末の米雇用統計は、事前の市場予想の
中心値に対して29.5万人とサプライズの結果となり、ドル/円は
一時121円20銭台まで上昇しました。

しかし、その後は「利益確定」等の売りに押され、120円
後半での動きとなっていて、現在も雇用発表直後のレートと
同水準です。

来週の「FOMC」に向けて、早期利上げ観測が再浮上し、
ファンダメンタルズ的にも「ドル高」「米国株安」に動きやすい
環境になってきています。

 

■しかし、注意をしないといけない点があります。

以前からこのコーナーでも触れているのですが、
中期トレンド(ドル/円)は「押し目買い」なのですが、
今年に入ってからは「飛びつき買い」がやや危険な展開
が続いています。

 

■下記のチャートで「トレンド」を確認してみると・・、

 

usdayweek

・日足トレンド ⇒ 現在も強い指示線に支えられています

・週間足ベースの「平均足改良版」は「陽線」継続中で、
「押し目」をスタンスが有効です。
 

※現時点の30分、1時間足の平均足改良版は「陽線継続中」です。

 

■しかし、週末の急激な上昇を受けて「オシレータ系」の
テクニカルは買われ過ぎを示しています。

「オシレータ系」テクニカルの特徴として、一時、買われ過ぎ
(または売られ過ぎ)となったあと以降、数期間は更に
過熱する傾向がありますが、はやり飛びつき買いはやや
危険ゾーンに入ってきますので、「押し目」を待つ方が
無難な展開になりそうです。

 

■今後の焦点は、「FOMC」ですが、
以下、本日の主要通貨ペアに影響を与える経済指標になります。

・16:00:経常収支【ドイツ】

・21:15:住宅着工件数【カナダ】

 

本日もよろしくお願い致します。
 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - マーケット市況 / トレードコラム