トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

■はやり、投資対象を増やすことはとは良いことです!

 

■先日に書いた記事(http://urx.nu/iKB8)をご覧頂くと
イメージが湧きやすいと思うのですが、本日のチャートの形を
みるだけで、翌日以降の動きが、つまり「陽線」か「陰線」かが、
7割位の確率で分かります。

 

■ここ数日間、上記の法則をもって、FX以外に個別株、米国株などの
チャートを確認していていたのですが・・、

・個別株は選ぶことが大変、

・現物(信用でも)となると、用意する資金がかかる

そこで国内コモディテー・・・、

これはなかなかいいです。

但し、今となっては流動性が乏しく、対象となる銘柄が少ないですね。
(利益率はいいのですが・・)

 

■上記のあるシンプルの方法で、明日の動きを読むトレードならば、
日経225、NYダウなどの指数、また原油、ゴールド、穀物等々・・。

これができるのは、「CFD」です。

CFDは取引所を通じて行う売買と比べて、相対になるので、
会社毎によって「倍率」などが異なるため面倒でした。

しかし、投資の幅を広げることで投資効率はは飛躍すると思い、
先程ある会社で「デモ」をやってみました。
(この会社では、以前に米国個別株のCFDはやっていました)

 

■以下が、スプレッドの感覚を養うために行ったデモ画面です。

最低のロットでトレードをした「WTI原油」です。

ig

 

■「ミニ」での維持証拠金は28,000円くらいでした。

エントリーをしてから数分後、慣れる為にすぐに決済をしたのですが、
約定も早かったです。利益は「300円」程度です(笑)。

今考えている手法はスキャルではないので、実際は5,000円~
10,000円程度は可能では? と思っています。

維持証拠金が28,000円程度で、この位の利益になるのであれば
効率は良いです。

 

■もちろん、負けもあるので逆に行ったときの対処と資金管理は
しないといけませんが、投資の幅を広げる妙味はありそうです。

もう少し慣れたら、再度レポートをします。

 

学びたい オススメの記事!

1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...