トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

【ユーロは再び大きな流れに沿って下落傾向の可能性も…】

   

皆様、こんにちは。
いつも本サイトに訪問をして頂き有難うございます。

 

■週末の「米雇用統計」は事前の市場予想値を大きく上回ったことで、
ドルは主要通貨に対して買われていますが(カナダは別)、ユーロは
ギリシャ問題が再び不透明感を増したことで、ドル買いの反対通貨として
以上に下落しています。

先日、チャート上では長い下落期間からの脱却もあり得ると思われた
ユーロですが、週末の下落で、不透明感が増しています。

 

■以下2つのチャートのうち、上は「日足」+「月足の平均足改良版」(ユーロドル)です。

 

ee0608

 

一時、平均足改良版の「実体部」を上抜けする様にも見えましたが、
再びこの「実体部」を下抜ける可能性がでてきました。

ちなみに、「実体部」の下限は「1.1010」レベルで日足べースの終値で
このポイントを割り込むと、下値を探るスピードが加速する可能性があります。

そうなると、反対通貨の代表格である「ドル買い」が加速することを
頭にいれておく必要があります。

 

■下のチャートは、日足+「週間足の平均足改良版」(ユーロドル)です。
今週中ごろまで、今の水準で推移すると、週間足ベースの平均足改良版が、
「陽線」から「陰線」に転換する可能性があり、そうなると
目先は、ユーロの戻り売り、ドルの押し目買いが優勢となりそうです。

また、日足ベースのオシレータ系テクニカルも「下降」していることから、
やはり基調は「戻り売り」へと変わった感もあります。

日々の売買は「ネクストキャンドル」、「Tブレイク」をご覧頂き、
一方では、上記の大きな流れも考慮するようにして頂ければと思います。

 

■■お知らせです■■

・FX初級者、基礎を確認したい方、またFX会社の特徴を知りたい方は・・
↓↓↓

FX牧場 

・チャートインディケータ、MT4採用会社の特徴を知りたい方は・・
↓↓↓

シストレ水族館

 

■トレード解説動画&チャートインディケータを手に入れたい方は・・
↓↓
「トレード解説+チャートインディケータ】

 

 

 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - マーケット市況 / トレードコラム