トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

【ネクストキャンドル 昨日の結果と優れた特徴とは?】 0417

   

*****************************************

    【ネクスト キャンドル】

*****************************************

■皆様、こんにちは。
本サイトに訪問して頂き有難うございます。

 

■昨日の「ネクストキャンドル」は2通貨ぺアが該当しました。

復習ですが、この手法の考え方は、翌日の動きを想定して
つまり、「陽線引け」になるのか? 「陰線引け」になるのか?
を先読みして、

「陽線引け」(上方) ・・・ならば、押し目買いの水準を探る

「陰線引け」(下方) ・・・ならば、戻り売りの水準を探る

ということになります。

 

■昨日は・・・、

・CAD/JPY ⇒ (上方) 
・EUR/AUD  ⇒ (下方) 

でしたので、

CAD/JPY は「押し目買い」の水準を探り、EUR/AUD は「戻り売りの水準を
探ることになります。

通常は、「始値エントリー」 ⇒ 「終値決済」
よりも、
日中に「押し目買い」の水準を探った方が、損益は大きくなるのですが、

昨日はのEUR/AUDは「始値」近辺が高い水準だったため、
2回目の売りエントリーは、少しマイナスでした・・。

しかし、ルール通り、1回目のエントリーをしっかりとエントリー
した後ならば、不利にはなりません。

 

■以下が、昨日の結果です。

・CAD/JPY:  (1)76.791 / +20.682   (2)96.811 +20.662  
 合計プラス41.344

 

・EUR/AUD: (1)1.3912 / 96.8   (2)1.37773  -37.9 
 合計プラス58.1

 

2通貨ぺア合計は → 94.444Pのプラス

 

※最近は、「T-ブレイク」よりも利益スピードは早くなってきています

 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - FXネクスト キャンドル