トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

中期トレンド展望(ドル/円) :調整局面からの脱出?

   

 

いつもお世話になりありがとうございます。
また、当サイトに訪問頂きありがとうございます。

 

■本日のマーケット情報の多くは、日経平均が2万円台乗せるか? との
ニュースが多かったのですが、シカゴ先物市場で大台を乗せ、
国内市場でも一時が2万円を回復しました。

この流れを受けても「ドル/円」の反応は大きくなく、
昨日からの動きは、ユーロ安の反対通貨としてドル買いが
優勢になっています。

 

■中期的なレンジでの「ドル/円」は上昇一辺倒ということは
ありませんが、はやり押したところは未だ「買い」が支えて
いるという印象があります。

それでも、先週までの値動きは「下降」の流れはありましたが、
中期的な視点での展開を確認してみます。

 

■下図は、ロウソク足(日足)に月足ベースの「平均足改良版」
を表示したチャートです。

usddm

 

3月後半から今月初旬までは、月足ベースの「平均足改良版」の
実体部に入り、調整局面でした(丸印)。

しかしその後、火曜日の上昇で、この実体部(月足ベース)を
上抜けたことで、中期的な流れは再び「押し目」をい探る展開が
優勢になったといえるでしょう。

 

■現在の株高も、しっかりと「押し目」を拾っていくことが、
正解だった様に、ポジショントレーダーの方は、ドル/円も
同じ展開でポジション積み上げることが優位だと思っています。

 

本日もよろしくお願い致します。

 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - マーケット市況 / トレードコラム