トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

【ネクストキャンドル: 2方法でのエントリー損益は?】 0408

   

 *****************************************

    【ネクスト キャンドル】

*****************************************

■皆様、こんにちは。
本サイトに訪問して頂き有難うございます。

 

■本日は、「ネクストキャンドル」の損益を、異なる視点から場合、
推移のどのような違いがあるのかを確認してみたいと思います。

 

■昨日の「ネクストキャンドル」では、「ポンド/円」が「上方」でした。

一日が終わり、翌日の足(日足:日本時間では6時)が、始まる
「始値」で買いエントリーを行い、NYクローズで決済をする
「寄り→引け」でのデイトレードでも利益になっています。

ちなみに、昨日「寄りつき」で買いを行い、→ 「引け」で決済を
した場合の損益は、「プラス38P」でした。

 

■株式のトレードでは、「寄り→引け」のデイトレは今でも
有効なのですが、FXは24時間トレードが可能な為、
一日の中で、「押し目」や「戻り」場面に何度も遭遇します。

 

「ネクストキャンドル」は、そのメリットを活かし、日中に
「上方」であれば「「押し目」を探り、「下方」ならば「戻り」を
探ってエントリータイミングを模索します。

あとは、どの位の確率で「引けの時点」で、「陽線」なのか、「陰線」
なのかを当てることができるかが「鍵」となります。
(※ 100%はないですが、これはある方法を使うと達成できることです)

 

■それでは、通常の「寄り付きエントリー」→「大引け決済」を
行った場合の損益をみてみます。
↓↓

nc1

10回のトレードで「8勝2敗」で損益合計は、「プラス267.5P」と
なっています。

これでも悪くない成績です。

 

■もう1つの損益成績をみてみます。
こちらは、「上方」であれば、日中に「「押し目」を探り、「下方」であれば
日中に「戻り」を探ってエントリーをした結果です。

↓↓
nc2

利益が僅かな日もありますが、今現の勝率は「100%」で、
損益合計は、「プラス567.75P」となっています。

後者の方がポジション数が多いので、一概には比較は
出来ないのですが、少なくとも負けで終わる日は減っています。

実際にトレードを続けていると、「押し目」や「戻り」のタイミング
がなく、そのまま動いてしまう日もあるのですが、もう一工夫すると
損益は安定しそうです。

 

本日もよろしくお願い致します。

 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - FXネクスト キャンドル