トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

【ネクストキャンドル2通貨ペア供にプラス決済に・・昨日の推移状況】 0407

   

 *****************************************

    【ネクスト キャンドル】

*****************************************

■皆様、こんにちは。
本サイトに訪問して頂き有難うございます。

 

■「ネクストキャンドル」については、まだ多くの記事を掲載して
いないのですが、多くの質問を頂いています。

その要因の1つは、この「ネクストキャンドル」の考え方が、

・ 「陽線」で引けるのならば、「押し目買い」
・ 「陰線」で引けるのならば、「戻り売り」

となっていることで、

・「買い」の場合、出来るだけ安いところで買いエントリーをする
・「売り」の場合、出来るだけ高いところで売りエントリーをする

とロジックの為、仮に逆行しても「損失額」は少なく、
思惑通りになれば、他の個人投資家よりも有利なポジション
を持てる確率が高いということです。

 

■そのためには、高い確率で、翌足(日)が「陽線」になるのか?
「陰線」になるのかを当てる必要があります。

 

■以下は、昨日の日足で上がEUR/AUD、下がAUD/JPYです。
昨日のシグナルはEUR/AUDは「上方」、AUD/JPYが「下方」でした。

EURAUD

AUDJPY

 

■仮に「始値」でそれぞれエントリーをした場合(決済はNYクローズ)は、それぞれ

・EUR/AUD 買い → 15P程のプラス
・AUD/JPY 売り → 2P程のプラス 

ですが・・

・EUR/AUDは3回に分けて買い
 ↓
プラス17.231 (2)プラス6.212(3)プラス19.811P : 【合計:43.54Pのプラス】

 

・AUD/JPYも3回に分けて売り

プラス13.2 (2)プラス12.566(3)プラス14.321P :【合計:40.08Pのプラス】
となっています。

 

■トレードには色々な方法がありますが、この考え方は「ブレイク」とは
異なり、買いは安いタイミング(売りは反対)でという考えで、
決済は一定のタイミングとなっていますので、実際のトレードでは
かなりやり易いと思っています。

 

本日もよろしくお願い致します。

 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - FXネクスト キャンドル