トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

■FOMCの影響は一時的?【今後の戦略は?】

   

 

いつも当サイトに訪問頂き、有難うございます。

みなさま、こんにちは。

 

■FOMCからようやく落ち着きをみせている為替市場ですが、
はやりドルの下落する時のスピードは早いという印象を受けました。

しかし、現在のドル/円はFOMC前の水準に戻ってきていること、
また月末にかけては大きなイベントも少ないことを考慮すると
通常の「トレンド」に戻る可能性が高いと思っています。

 

■その「トレンド」ですが・・・、チャートで確認してみます。

0320heikin

 

チャートの上図は、4時間足と同時に大きなトレンドを確認する為に
日足ベースの「平均足改良版」を表示しています。

それまで比較的堅調だったドル/円は、FOMCでの急落で「陽線(青)」から
「陰線(赤)」に転換しています。しかしこのまま下落かというと
そうではなく、赤の矢印を超えてくると再度「押し目」を拾う展開に
なっていきます。
そのポイントは、「121円15銭」レベルです。

 

■下のチャートは、日足に週間足ベースの「平均足改良版」を表示し
より大きなトレンドを確認してみると、2014年8月から一貫して
上昇トレンドの中で「押し目」を拾う展開が優勢だと示唆していて、
現在も変わりありません。

 

■過去のFOMCで大きく動き、それまでのトレンドと一時的に

逆に向かった場合でも、その後はそれまでトレンドに戻ることが
多いことは検証からもわかっていますので、一時的な動きで
一喜一憂するよりも、大きな流れに沿うトレードを心掛けた方が
賢明です。

 

■次に、目先のトレードに関しては、ある法則に当てはめてみると、
おおよそ7割から8割の確率で本日「陽線」を引くのか?
「陰線」を引くのか? を把握する方法があります。

もちろん、すべて当たることはありませんが、本日は「ユーロ/ドル」
陽線の確率が高いです。その他「豪ドル(対ドル)」
も「陽線」の確率が高そうです。

それを仮定としたトレードを心掛けるのであれば、短い足で
「押し目探し」ということになります。

本日もよろしくお願い致します。
 

 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - マーケット市況 / トレードコラム