トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

■ユーロ下割れ:「平均足改良版(週足)」は昨年5月から「陰線継続」

      2015/03/18

 

いつも当サイトに訪問頂き、有難うございます。

 

■ユーロ(対ドル)が1/26日につけた安値を割り込み、
約11年降りの安値更新となりました。

予定されているECB理事会を材料に早めに売りを仕掛けた
可能性もあり、今後材料で尽くしで、自立反発の可能性が
ありますが、中期トレンドが今の状態を示したままで
あれば未だ「戻り売り」です。

 

■チャートはユーロ/ドルの「日足」に週間足ベースの
平均足改良版を表示して「大きなトレンド」を確認
しています。

eus0305

(このチャートでは昨年5月から一貫して「陰線継続」と
なっていてます)

またチャート上意識されていた、1/26安値を割り込んだ
ことで、売りやすい展開となっていますが、ここから
テクニカル上の「ダマシ」ということもありますので、
追いかけて「売り」に飛びつくのではなく、「戻り」を
確認することを優先してください。

 

また、ECB理事会で新たな材料が出なかった場合、
一旦買い戻しが入ることも考慮して、大きな流れ変わるまでは
「戻り」を待つ展開になります。

 

■一方、ドル/円は主体性の無い動きとなっていますが、
大きな流れ(週間足ベース)は「上昇」を示しています。

そして一目の「雲」の上で推移しているものの、
目先(日足ベース)のオシレータは「下降」を示して
いますので、安いところを拾える展開となっています。

 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - マーケット市況 / トレードコラム