トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

■再び、平均足改良版(週足)で「方向の確認」です

   

 

皆様、こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

■昨夜のドル/円は、大きな材料が無く、また注目されて
いた米雇用統計からのポジション調整も終わり、
大きな動きはありませんでした・・・。

 

■今夜は、以下の米国に関する経済指標の発表が
ありますが、ドル/円はユーロ圏の動向に左右される展開に
なりそうです。

・22:30:NY連銀製造業景気指数
・24:00:NAHB住宅市場指数

 

■「ドル/円」自体の動きは、一日当たりの動きそのもの
は大きいのです。

しかしトレンドを形成するまでには至って
いませんので、トレンドの方向を確認する為に、
週間足&日足チャートを確認したいと思います。

 

■チャートは「日足のロウソク足」と「週間足ベースの
平均足改良版」です。

heikinn syuudai

 

基本は、週間足ベースの「平均足改良版」が「陽線(青)」
の時、日足以下のチャートで「押し目」を探ることに
なり、反対に「陰線(赤)」の時は「戻り売り」目線で
タイミングをみていきます。

 

■現在は、ギリギリで週間足ベースの「平均足改良版」は
陽線継続となっていますが、週末にかけ更に下落すると、
週間足ベースの「平均足改良版」は「陽線」から「陰線」
に転換する可能性があり、そうなった場合は「戻り売り」
となります。

 

■その、重要ポイントは・・、

118円20銭レベルです(2/17現在)。

 

■終値ベースで上記ポイントを下回らないと問題はない
のですが、短期間で売買を繰り返す場合、
上記レベルには注意が必要だと思っています。

欧州圏(ギリシャ問題)で、ユーロ売りとなると、
ユーロ/円が下落、その影響をドル/円も受ける
可能性があるため、米国経済指標とは関係なく、
一時的な「押し」もあると心得ておいた方が良い
展開です。

 

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - マーケット市況 / トレードコラム