トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

■NYダウ: 高値/安値、ともに切り下げてきていることも「売り」優勢か

   

 みなさま、こんばんは。

■週末の米国株式市場は、第4四半期のGDP事前の
市場予想を下回ったことから、債券高、株安となり、
NYダウは251ドル安となりました。

今夜は、引き続き原油市場動向にも左右される展開に
なりそうですが、以下の重要指標指標の結果によっても
影響があります。

・22:30:個人所得【米国】

・24:00:ISM製造業景況指数【米国】

 

■「個人所得」は事前の市場予想との乖離は大きくないと
みていますが、ここ最近の経済指標は蓋をあけてみると、
悪い数値であることが多かったことからも、今夜の
「ISM製造業景況指数」は市場予想値の中央値である「1.3%」
よりも悪くなるのでは?との見方も出ている様です。

 

■次にテクニカル面ですが、ダウと連動する米ETFの
DIAで流れを確認してみます。

dia

 

■昨年のクリスマス前後からの高値圏から、下落し
また一時的に上昇をしてと、上下を繰り返して下げて
きています。

重要なポイントは、戻り高値が段々と切り下がって
きているという点です。

 

また同時に、安値も切り下がってきていることから、
今夜は買われる場面があったとしても、「戻り売り」
優勢で、週末の雇用統計までは下値を試す可能性が
高いとみています。

 

 

--------------------------------------------

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - マーケット市況 / トレードコラム