トレードプレス 勝てるFXブログ

トレードタイムが公開する勝つためのトレード方法、FXオプション売買、MT4インジケーター、 セミナー情報のコンテンツです。

ドル/円 一定レンジを超えるまでは、膠着状態に・・・

   

 

みなさま、こんにちは。

 

■週末の流れは、「ECB」のの量的緩和からの流れを
引き継いだ動きと、ギリシャでの総選挙の状況を
みながら「ユーロ売り」優勢となっています。

早朝は、ユーロ円を中心に「窓」を明けて下方ブレイク
となっていましたが、アジアタイムではその「窓」を
埋めにいく流れになっています。

■本日は「ユーロ円」の動きにドル円も影響を
受ける流れが予想されますが、テクニカル面で
流れを確認してみます。

 

週末、このコーナーで、

「上記のポイントを抜け切れないと、再びこう着感が
強まりそうです」と記載しましたが、現在もチャートの
節目を超えての動きとなっていない為、引き続き「膠着状態」
となっています。

 

「上」にしろ「下」にしろ、重要なポイントは・・・

★「上方」・・・・・ 118.8銭レベル

★「下方」・・・・・ 115.80銭レベル

 

上下のどちらかをブレイクすると、ストップを巻き込んで
大きく動くとみていますが、現在の「ドル円」は117円後半での
推移となっていますので、このポイントを超えていかない限り、
単に「ドル円」を買って様子をみるという様なトレードは
危険だと思っています。

また、上記ポイントをブレイクしない限りは、
膠着継続とみていて、細かなトレードに終始したいです。

 

 

■チャートは日足にトレンドフォローのテクニカルを
加えたものですが、膠着状態の中で「戻り」を売ることが
優勢に思えます。

 

usye0125

 

■しかし、付け加えますと・・、

現在は「ドル円」以外の通貨ペアの方がトレンドが
読みやすいので、無理をして「ドル円」に固執する
必要もないと考えています。

 
■先程、「T-ブレイク」の売買結果を掲載しましたが、
後程、本日のシグナルを掲載する予定です。

 

 

-------------------------------------------------------

「無料!トレーダー育成 動画プログラム」の公開です。

この度、無料でトレード動画をご覧になれるコンテンツを用意致しました。
下記のアドレスから登録をして頂くと、自動返信メールにて
IDとパスワードが記載されています。
↓↓↓↓
http://trade-time.com/trader/

-----------------------------------------------

1日、1票が投稿の励みになります。宜しくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村

学びたい オススメの記事!

top017 1
平均足の欠点を無くしたテクニカルとは?

平均足改良版とは? 平均足との違い ■なぜ、平均足というかと言うと・・、 平均足 ...

 - マーケット市況 / トレードコラム